校訓・建学の精神

 校訓と建学の精神は、学校開設にあたって、次代を担う人材の育成を願い、創立者がその理念と気概を示したものです。
 わが国の教育で大きな役割を果たしている私立学校は、それぞれの校訓・建学の精神に基づいて教育活動を展開、個性豊かな教育の場として発展してきました。

 梅村学園の校訓と建学の精神は、1923年(大正12年)、学校法人梅村学園の母体である中京商業学校の開校にあたり、創立者の梅村清光がその理念と気概をうたい上げたものです。この精神は時代を超え、中京大学・中京大学附属中京高校に脈々と受け継がれています。

梅村 清光
【梅村 清光】(1882-1933)
中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)の開設者で、学校法人梅村学園の学祖にあたる。

校訓

真剣味

 梅村学園の学祖である梅村清光は、生まれ故郷である水戸の藩校・弘道館の建学の精神の一つ「文武不岐(ぶんぶふき)」を受け継ぎ、「真剣味(しんけんみ)」を校訓に掲げました。
 「真」は真実、真理の「真」で「知育(学力)」を意味しています。「剣」は剣道、剣術の「剣」で「体育(体力・スポーツ)」を意味しています。「味」は人間味の「味」で「徳育(人間力)」を意味しています。
 よって、「真剣味」とは、「知・体・徳」のバランスのとれた人間形成を目指すことを意味しています。
 校訓「真剣味」の根幹を成すのは、次に掲げる清光の教育理念です。

真 剣 味

 生活は現実であって、空想ではなく、真剣であって、遊戯ではない。
 本校教育の理想とするところは、この現実的にして、真剣なる国民を養成するにあり、その使命とするところは、この現実的にして真剣なる人間を実業界に送るにある。言い換えれば、本校は現実に即して、真剣に戦う現代の訓練を以て目的とし、真に生活を生活する真人間の輩出を期待する。
 真剣味は成功のアルファであって、またオメガである。否、現実的なる生活そのものであり、実業的精神そのものである。真剣味は遊惰の敵であって、精励の味方である。真剣味は一攫千金、賭博的廃頽的の気風を排して、拮据経営、しっかと、一歩一歩を踏み出す質実剛健の気風を養成する。真剣味は混乱せる無政府の状態から人を救い出して、一糸紊れざる秩序の維持者たらしめる。
 劇烈なる生存競争場裏、今我等は真剣を以て、相対している、我 彼を殺さずんば、彼、我を殺すべく、我等は一刻たりとも、弛緩することを許されていない。彼とは何ぞ。曰く、堕落の陋風。我とは何ぞ。曰く、新興の精神。堕落すべきか、新興すべきかの問題は、問うべく、余りに迂愚であると同時に、答うべく、余りに明白ではないか。
 一言にしていえば、真剣味に伴う新興精神の訓育、それが本校唯一のものであり、また総てである。

※1 遊惰(ゆうだ)遊び怠けること ⇔ ※2 拮据(きっきょ)いそがしく働くこと
※3 紊れ(みだれ)=乱れ       ※4 陋風(ろうふう)下品な風習。悪い風習
※5 迂愚(うぐ)世間の事情にうとく愚かなこと

真剣味
『中京商業学校 開校記念写真帖』(大正15年)より抜粋

建学の精神

学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ

 梅村学園の建学の精神は「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」です。この建学の精神も水戸の藩校・弘道館の建学の精神の一つ「文武不岐(ぶんぶふき)」の真髄を現代教育に取り入れたものです。
 中京大学の開学者であり、初代学長の梅村清明(梅村学園初代理事長)は、建学の精神を次のように示しました。

 学術に真剣であらねばならぬことは、学問の府として、洋の東西を問わず、すべて当然のこととして要求される。わが学園は、学術と並んでスポーツによる教育を、二大方針の要として高揚している。「スポーツの真剣味の殿堂たれ」の教育方針は、学術とスポーツは二つながらにして一体を志向し、車の両輪の如く人間形成、人格形成に如何に重要な役割を果たしているかを強調しているものである。ここにわが学園の独自性が存する。

 そして、建学の精神の意味するところを次のようにまとめました。

 梅村学園の建学の精神の要約は「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」である。すなわち学術の場では学術の研鑽と共にジェントルマンシップ、レディシップを醸成陶冶する。スポーツの場では健康の増強、心技の錬成と共にスポーツマンシップを体得する。スポーツマンシップ イズ ジェントルマンシップ。スポーツマンシップとは、

1)ルールを守る 2)ベストを尽くす
3)チームワークをつくる 4)相手に敬意を持つ

 この四大綱を内容とする。このような精神の体得者は個人としても、家庭人としても、社会人としても、国民としても、世界人類の一人としてもまことに望ましい人間である。このような教育は如何なる国の如何なる時代においても肯定され、歓迎される本質を有する。梅村学園はこの建学の精神を教育の基盤として永遠に堅持高揚を期する。

1988年2月18日
学校法人 梅村学園 総長・理事長 梅村 清明

建学の精神