梅村学園100周年記念寄付金

ご挨拶

  学校法人梅村学園は、2023年の学園創立100周年に向けて教育・研究環境を充実させ、学園のさらなる発展を期すため、寄付金事業を始めます。

  梅村学園は、1923年(大正12年)の中京商業学校開校以来、建学の精神「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」を掲げて有為な人材の育成に尽力し、広く社会に貢献して参りました。11学部11研究科を擁する中京大学の卒業生は約13万人に達し、中京大学附属中京高等学校、三重高等学校、三重中学校、梅村幼稚園を合わせた学園5教育機関の卒業生は約21万人に上っています。卒業生の皆さんは、学園生活で培った知識と教養を糧にして社会のあらゆる分野で活躍されています。

  学園は、社会のニーズや教育界を取り巻く環境変化に対応して、常に改革を進めています。現在、中京大学は長期計画「NEXT10」、中京大学附属中京高等学校、三重高等学校も中期計画に基づき、教育の質を高める施策の実施に邁進しております。教育・研究の環境を一層改善していくため、学園では徹底した自助努力をしていますが、これには限界があることも確かです。学園で学ぶ学生・生徒たちが充実した教育環境で成長していけるよう、皆様のご理解がいただければ幸いです。

  ご厚志は、各キャンパスの整備をはじめ、スポーツ事業・スポーツ教育、教育活動、研究活動、社会・地域連携などに活用させていただきます。学園ゆかりの皆様をはじめ、各界各層の皆様におかれましては、何卒、寄付金事業の趣旨をご理解いただき、温かいご支援を賜りますよう、心からお願いいたします。

学校法人梅村学園 総長・理事長 梅村清英

募集期間

  2017年5月から2024年3月まで

目標金額

  10億円

寄付項目

(1)キャンパス整備に関する支援金 ※関連リンクはこちら

  梅村学園では創立100周年を機に、建学の精神「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」をさらに推進すべく、学園内教育機関における教育基盤の再整備とスポーツ施設の拡充を進めてまいります。

支援対象
  • 中京大学豊田キャンパス ※関連リンクはこちら

      2017年3月、総合整備計画として新体育館の建設に着手しました。アイスアリーナ改修工事によるフィットネスプラザ・CISP・保健センター・部室の移転新築工事、屋外陸上競技場屋根付き直線走路新築工事等を順次進めていきます。
      総事業費は50億円、工期は2020年6月までを予定しております。
  • 中京大学名古屋キャンパス

      名古屋キャンパスでは、これまでに中京大学開学40周年記念事業として「センタービル」を建設、60周年記念事業「C-EAST開発計画」として「図書館・学術棟」「工学部実験棟」「本部棟」を建設してまいりました。
      学園創立100周年に向け、豊田キャンパス総合整備計画終了後、名古屋キャンパス再整備計画の具体化に着手します。
  • 中京大学附属中京高等学校

      中京大学附属中京高等学校では1998年度に男女共学化に伴い、校舎の整備(2号館改築・3号館新築)を行いました。
      現在進行中の附属高校中期計画では、100周年に向けて大幅なカリキュラムの変更とクラス編成の改変を行い、スポーツにもこれまで以上に力を入れていきます。その中で各スポーツ施設の改修工事をはじめとする施設整備を実現していきます。
  • 三重高等学校・三重中学校・梅村幼稚園

      三重高等学校・三重中学校・梅村幼稚園では2006年度から2017年度にかけて、高校新校舎(2、3、6、8号館、第2体育館、グリーンプラザ)を新築した他、ソフトテニスコート、多目的グラウンドの整備や電子黒板の導入、空調設備の更新、幼稚園送迎用新型バス2台購入などを行いました。
      現在取り組んでいる中期計画として、高等学校の陸上グラウンド整備と中学校グラウンド整備等を進めていきます。幼稚園では保育内容を充実するための施設整備を図っていきます。
(2)教育、研究、社会・地域連携に関する支援金 ※関連リンクはこちら

  梅村学園は中部地区を代表する教育・研究機関として、企業・行政・地域社会からのニーズに応え続けてまいりました。本学園は、文系、理系、学際系のすべての学問領域を擁し、産官学共同研究や地域社会との連携なども積極的に進めております。創立100周年を機に、今後も教育と研究の拠点としての「学術の殿堂」たるべく、生徒・学生の皆さんが安心して勉学に取り組める環境づくりを目指します。

支援対象
  • 教育活動

      教育の充実・発展への支援金です。創立以来築き上げてきた教育の伝統を継承し、グローバル社会や高度情報化社会を見据えた教育活動を推進してまいります。
      国際化教育については、国際交流の拡大、留学生派遣・受け入れの促進、海外協定校との連携の推進など、グローバル教育に取り組んでいきます。
      教育の高度情報化については、ICT(情報通信技術)環境の整備、ICTを活用した情報教育の拡大を図ります。
      また、学園の規模を活かした高大連携7年一貫教育やアクティブラーニングの充実、キャリア教育など、時代に即した教育活動を進めてまいります。
  • 産官学共同研究活動

      国内およびアジア・ヨーロッパ諸国との世界レベルでの国際共同研究をはじめとする、高度で主導的な研究を進め、それらを広く社会へ還元していく研究活動への支援金です。
      本学園は「人工知能を使った手書き文字自動認識に関わる研究」「ロボットと福祉に関わる研究」「運動生理学と健康に関わる研究」「スポーツアーカイブに関わる研究」など、日本および国際的な学術研究を牽引しております。また、企業との研究実績では、トヨタ自動車株式会社と「人間的な画像認識技術の手の内化」、株式会社デンソーと「人と車載器のインタラクションの研究」などの共同研究も実施しております。
  • 社会・地域連携活動

      梅村学園は現在、愛知県、名古屋市、豊田市、松阪市をはじめ、学園の源流である茨城県水戸市と連携協力協定を結んでいます。企業・法人では、総合スポーツメーカーのミズノ株式会社、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)等、幅広く連携を進めています。
      このように国や地方公共団体、企業など学外組織と連携し、本学園が有する学術研究の成果を広く社会に還元していくための支援金です。
      また、生涯学習講座や講演会の開催など、社会・地域と連携した社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
(3)スポーツ事業・スポーツ教育に関する支援金 ※関連リンクはこちら

  梅村学園はさらなる本格的なスポーツ選手輩出拠点を目指し、「スポーツの殿堂」という伝統を次の100年に継承し、一層飛躍させていきます。

支援対象
  • オリンピック・世界大会

      本学園では、オリンピック・パラリンピック出場選手(オリンピアン)が延べ100名を超えました。引き続き、オリンピック・パラリンピック、夏季アジア競技大会(2026年は愛知県・名古屋市共同開催)等への出場を目指します。その選手育成の支援金となります。
  • 大学スポーツ活動

      大学が公認するスポーツ系クラブ活動に対する支援(特に強化指定種目:陸上競技、水泳、スケート、硬式野球、サッカー、アメリカンフットボール)や有力選手を育成するための支援活動を予定しています。
  • 中学校・高等学校スポーツ活動

      中学校・高等学校のスポーツ系クラブ活動に対しての支援になります。全国大会に出場し、好成績を収めることのできる選手を育成する支援活動を予定しています。
  • 卒業生のスポーツ活動

      卒業後にもアスリートとして競技を続ける卒業生への支援金となります。現在も実業団等のチームに所属し活動を続ける卒業生アスリートに対し、施設やトレーニングの側面でも支援を行っています。
  • スポーツ教育

      スポーツを通じた人材育成のための支援金となります。本学園の施設を利用して小中高生向けスポーツ教室・イベントを開催したり、学園のスポーツ指導者が子どもに向けたスポーツ教育を実施する際の支援となります。また、地域スポーツとの連携として、学園各校への進学を目指す小中高生が活躍するスポーツ団体への支援も予定しています。

申込方法

個人

  個人の方で、お申し込みいただく場合はインターネットからのお申し込みをご利用ください。
  インターネットでお申し込みいただくと、クレジットカード、コンビニ支払い、ペイジー(ネットバンキング)でのお振り込みが可能です。

ご寄付金額

  一口10,000円
  ※口数にかかわらず任意の金額もありがたくお受けします。
  (ネットでのお申し込みは千円単位となります)

注意事項
  1. コンビニエンスストアでのお支払い金額は一回につき49,000円までとなります。それ以上のご寄付をいただく場合は、お手数ですが、複数回に分けてお振込みください。
  2. 振込用紙からのお申し込みは夏以降に開始予定です。
インターネットからのお申し込みはこちら
インターネットからのお申し込み

  「平昌オリンピック・パラリンピック出場選手への激励金」「中京大学附属中京高等学校甲子園出場に関する支援金」のお申込みは、左記「ネットからのお申し込み 個人はこちらから】をクリックし、寄付をお願いいたします。

  寄付手続き開始にあたっては、メールアドレスを入力してください。ご指定のメールアドレス宛にメールが送信され、寄付を開始することができます。ご賛同いただける方はご協力願えれば幸甚に存じます。

法人・団体

  寄付金に対する損金算入手続きには、「特定公益増進法人」と「受配者指定寄付金」に対する寄付金による二通りの方法があります。

ご寄付金額

一口 100,000円
※口数にかかわらず任意の金額もありがたくお受けいたします。

注意事項

  法人の場合、インターネットからの寄付には対応しておりません。
  お申込みいただける場合は、お手数ですが、下記の「お問い合わせ先」にご連絡ください。

寄付者の特典

税制上の優遇処置
顕彰制度

お問い合わせ

お問い合わせ先

中京大学 学園事業推進部
寄付金担当
TEL:052-835-7439

受付時間

9:00~17:00
(土、日、祝日、年末年始及び本学夏期休業日を除く)

注意事項

  1. 決済手続き完了後は、お取消し・ご変更・ご返金は一切お受けできませんので、ご注意ください。
  2. ご寄付の領収書の日付は、申込日ではなく本学園への入金日(ネット申し込みの場合は決済代行会社から本学園に入金があった日付)となります。ネットによるお申し込みの場合は、決済代行会社から本学園に入金されるまでに申込日から約1~2ヶ月を要します。領収書の発送は、本学園への入金確認後、約2週間~1ヶ月を要します。ご了承ください。
  3. ご寄付により取得した個人情報につきましては、本学園からの領収書等の送付、また本学園から寄付者様にご連絡等する必要がある場合にのみ利用します。一部業務を外部に委託しておりますが、事前に健全な委託業務運営を行っていることを確認し、個人情報が保護されるよう適正な措置を講じます。
© Umemura Educational Institutions All Rights Reserved.